amazonデビュー

2017/11/22

先日、初めてamazonをはじめて利用した。

今更?といわれても仕方ないのだけれど。

まあ、今までそこまでして買おうと思ったものが無いのである。

そして初めて買おうと思ったのが、DVD-BOXである。

 

f:id:ken-kon:20141012174949j:plain

まじかるハット。

1989年~1990年にフジテレビ系で放送、スタジオぴえろ製作、

原作は片倉陽二。

かつて魔界人達を地底に封印した英雄・まじかるハットの生まれ変わりである少年

ハットが、仲間と共に現代の世界で地上侵出を目論む魔界人と戦い、

魔界の力でバラバラになったウソン島を元に戻すという展開。

作者が元々ギャグ漫画家ということもあり、ギャグ要素が満載。

 

片倉陽二の作品をかつて読んでいたので、これは見られなかったのを

残念に思っていたけど、amazonで見つけ、購入に至ったのである。

 

 

知らない人のために、片倉陽二について解説。

藤子不二雄(藤子・F・不二雄と藤子不二雄Aは当時コンビで活動)の

アシスタントを経て、自身も小学館の雑誌でデビュー。

長期に渡って小学館の雑誌で活躍。

1996年に他界した藤子・F・不二雄の伝記を執筆予定だったが

翌年、くも膜下出血で亡くなり、叶わなかった。

 

まじかるハット以外の代表作品はこちら。

【ドラえもん百科】

ドラえもんの設定を片倉流に執筆したもの。

アニメにも影響するほどの存在感を全国に与えた。

しかし、実際の設定からあまりにもかけ離れたものもあり

資料としてあまり役に立たないかもしれない。

コミックスは全2巻。

個人的には、もしもボックスで「もしもドラえもんが○○型ロボットだったら」

というコーナーで描かれていた、「豹型ドラえもん」。

あれはこれを書いている今思い出して、爆笑した。

 

【のんきくん】

小学館の学年誌で連載された、片倉氏の出世作。

世界一のんきな一家を描いたギャグ漫画で

普通に作中で1ヶ月、1年という時間が過ぎるという描写が多々あり、

ずっこけ描写も多く、多くの漫画家が模倣したらしい。

コミックスは自身最多の8巻が発売されている。