耳元で、パン!と音がした瞬間、
何かが崩れてゆくのを感じた。

積み上げてきたものが、
堅く堅く堅く守ってきたものが、
一瞬で、だだだだーって。










久しぶりに、
心の底から悔しいと思った。

久しぶりに、
病気を憎んだ。
自分を罵った。

この野郎!!!って。


だけど、
だけど、
だけど、

私はちゃんと生きてる。


そうおもったら、
涙が止まらなくて。

ちゃんと私は生かされてるんだから、
生きている未来がみえる身体だからこそ、
ちゃんと、向き合ってゆこう。



癌のために、
「二年後生きてるのかな。」
「結婚するまでに生きてるのかな。」
そう、不安に思いながらも、
前を向いている友達のことを思い出したら、

いま、私に置かれている状況は、
友達に比べたら、とてもとてもちっぽけなもの。


そうおもったら、
情けなくなる気持ちと同時に、
私はとてつもなく幸運なんだ。
と、思わされて。

うるるる。。






先ずは、身体を休めよう。
今まで、頑張ってきてくれて、ありがとう。
たくさんたくさん、無理をさせてしまったね。笑


ありがとう。すべてに。