選択が点で、
点のつながった線が人生なら、
自分をごまかした選択はズレた点です
そんなものを打ち続ければ、
線は曲がってしまうから
 
どれだけ自分に嘘をつかず選択をするか
違和感に気付いた時、
新たな点を打ち直す勇気を持てるか
それが好きな自分を作ってくれる
そう思います
 
 
 
昨日ひさしぶりのお友達に会いました
わたしにとってメンターみたいな人
1年ぶりの楽しい時間です
 
会ってまず「表情がいい」とのお言葉
恥ずかしいのと同時に、
嬉しさを感じます
1年前のわたし、
「なぜ?」という気持ちや怒りばかり強く、
かなりムリをしていました
この方には丸分かりだったらしく、
心配してくれてたみたい
 
自分でもこの1年で、
大きく変わったのを実感しています
物事の受け止め方は正反対に近くて、
まるで違う世界のよう
周りの大切な人たちが、
辛抱強く見守ってくれたのも分かります
 
 
 
この半年ほどで特に意識していたのは、
自分に嘘をつかないこと
選択に対して他人が何を言おうと、
その責任は全て自分に返るから
 
わたしは自分の弱さに負けて、
曲がった点を打ってしまいました
それが分かった時、
選択肢は2つ
このまま点を打ち続けるか
自分のこころに真っ直ぐな点を打ち直すか
 
わたしは後者を選びました
作ってしまった流れは、
新しい点を押し流そうとするから
最初はひとつひとつに力が必要でした
でもいつからか楽になった
新しい流れを作り出せたのでしょう
 
 
 
1年
長くも短くもあるけど
 
わたしは今の自分が好きです
1年後に今度はガッカリとならないように
これからも、
自分に嘘のない選択をしていこう
そう思っています

f:id:ichapy:20170919064249j:image